小顔 羨ましい シェーディング メイク デカ顔 削ぎ落とす 方法 初心者

 

 

『小顔になれる』ものなら、なってみたい??

 

顔デカコンプレックスの願望。と思われるかもしれませんが(笑)

顔が小さいことに超したことはありません。

 

石原さとみ、多部未華子、新木優子、綾野剛、平野紫耀…今季クールのドラマの主演級女優・俳優陣も、これでもかっ!と思うくらい皆、小顔。

 

芸能人は特に小顔率が高い特殊な職業だとは思いますが、その小顔に憧れる方・羨ましいと思う方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

 

顔の大きさは頭の大きさに比例するので、

顔を小さくするには頭蓋骨を小さくしないと。という話になるのですが、そこは他力を使わなくてはならなくなるので、ここでは自力で小顔にするメイク法をお伝えしていきます!

 

顔の凹凸・陰影を上手に利用したシェーディングは、人の目を錯覚させるメイク法。

デカ顔に見せる不要部分を、シェーディングでごっそり削ぎ落として行きます!

 


 

小顔作りは簡単!シェーディングの陰影を利用するだけ

小顔 羨ましい シェーディング メイク デカ顔 削ぎ落とす 方法 初心者

引用:https://www.instagram.com/

 

皆さん、自身のメイクにシェーディングのプロセスを取り入れているでしょうか?

 

小顔が羨ましい。と思っているのなら、まずはメイクにシェーディングのプロセスを取り入れてみましょう。

これが、小顔になるための1番てっとり早い方法です。

 

私はこの年(アラフォー世代)になるまで、メイクにシェーディングのプロセスを1度も取り入れたことはありませんでした。

 

ですがつい最近、あるシェーディングのメイクアイテムに出会い

『使ってみたいな』という好奇心と、面長でのっぺりとしたデカ顔に悩んでいたこともあって、購入し使ってみたら、シェーディングの効果にまんまと虜に(笑)

 

それから、私のメイクにシェーディングのプロセスが必須になりました。

 

小顔 羨ましい シェーディング メイク デカ顔 削ぎ落とす 方法 初心者

引用:https://www.instagram.com/

 

シェーディングとは、顔の肌色よりも何段階も暗い色をのせ、顔に陰影を作って立体的に見せるメイク法を言います。

 

シェーディングで使う色は、チョコレート色。という表現が的確な位、濃い色をのせていきます。

 

 

これだけ濃い色のシェーディングを肌にのせると、

■顔浮きしないだろうか?

■80年代のような、明らかにシェーディングしてます!風なメイクにならないか?

と、シェーディング初心者の方には不安が残りますが、不安に思っているほど濃い色は肌に残りません。

 

今のメイクアイテムは、濃い色に見えても

伸びが良かったり、肌に置いてみると薄付きのものが多かったり…と、優秀なコスメが多いので、変な気遣いは不要です。

 

ですが、分量をつけ過ぎたり・シェーディングを入れる位置を間違えたりすると陰影のバランスが崩れ、小顔から遠ざかる場合もありますので、

(小顔に見える)正しいシェーディング位置と分量には、気をつけなければなりません。

 

 

 

小顔に近づけるシェーディングアイテム

シェーディングが、小顔に近づくメイクプロセス。という話の次は、シェーディングに必要な具体的なメイクアイテムをご紹介していきます。

 

シェーディングのメイクアイテムは、大きく分けて3つ。大体どこのコスメブランドからも、この3種類に該当するシェーディングアイテムが展開されています。

パウダー/スティック/スティックペンシル の3種類。

 

 

シェーディングパウダー

小顔 羨ましい シェーディング メイク デカ顔 削ぎ落とす 方法 初心者

引用:https://www.cosme.net/

 

チークの容量で、サッサと毛ブラシで払って、色の陰影をつけていくパウダータイプ。

シェーディングのメイクアイテムで、一番展開が多いのがこのパウダータイプでは無いでしょうか。

 

チーク感覚で肌に色の陰影をのせることができるので、シェーディングを簡単に入れることが出来ます。

 

ですが、毛ブラシで取ると

分量が適量なのか?分からず、つけ過ぎたり・逆に全く足りていなく、シェーディングの効果が薄れてしまうのも、このパウダーシェーディングのデメリット。

 

パウダータイプは、シェーディングに慣れている上級者におすすめのメイクアイテムです。

 

 

シェーディングスティック

小顔 羨ましい シェーディング メイク デカ顔 削ぎ落とす 方法 初心者

引用:https://www.cosme.net/

 

続いては、スティックタイプのシェーディングです。

 

スティックタイプのシェーディングは、このまま直接肌にのせて行き、削りたい箇所(影に見せたい所)にのせ、スポンジで広げて行きます。

 

スティックタイプの場合は直接肌にのせていくので、(シェーディングの)分量が足りない。ということは無いと思いますが、

あまりにも濃い色を肌にのせすぎると、つけ過ぎで肌の陰影のGAPが大きくなりすぎ、不自然な印象を作りやすくなるデメリットがあります。

 

また、スティック部分の面積が大きいければ大きいほど、シェーディングの位置がずれる可能性があり、本来のシェーディング正位置から外れることによって、小顔効果から遠ざかる可能性も否定できません。

 

シェーディング初心者は、スティックタイプは避けた方が無難です。

 

 

シェーディングスティックペン

小顔 羨ましい シェーディング メイク デカ顔 削ぎ落とす 方法 初心者

引用:https://www.cosme.net/

 

シェーディング初心者におすすめしたいのが、ペンタイプのスティックペン。

シェーディング初心者の私も、このタイプのシェーディングアイテムから使い始めました。

 

スティックペンタイプの感想・レビューは別記事でまとめていますので、こちらも是非御覧ください。

→→→シェーディング スティックなら河北アンドビーのコントゥアペン!【レビュー】

 

 

スティックペンタイプのシェーディングアイテムの何が良いか?というと、

■分量が的確

■削りたい箇所にガツガツ引いて、スポンジで伸ばすだけの2ステップ

 

とにかくシェーディング初心者でも、簡単にシェーディングのプロセスが出来て、完璧な小顔に近づくのが、このスティックペンタイプ。

 

ペンタイプなので、ペンのようにスルスルとラインを引き、あとはスポンジで伸ばしていくだけ。

分量も気にせず&ラインを引くだけの作業なので、とても簡単。

 

小顔に近づくためのシェーディングにも関わらず、分量を気にしたり・シェーディングを入れる箇所を気にしすぎるリスクは回避したいもの。

 

シェーディング初心者さんにとって、そのリスクを1番回避できるのがスティックペンタイプ。だと思います。

 

シェーディングが初めて!という方は、

ぜひ見様見真似で、小顔に近づくメイク “シェーディング” の1歩を踏み出して見て下さいね。

 

 

 

小顔になるシェーディング/入れ方

小顔 羨ましい シェーディング メイク デカ顔 削ぎ落とす 方法 初心者

 

では具体的なシェーディングアイテムが分かった所で、次はシェーディングを入れる箇所を確認していきましょう。

 

自分の顔の形(面長・丸顔・逆三角形…)を追求するほど、『ここに入れた方が良い!』というシェーディング箇所は、更に詳細になる。とも言われていますが、

ここではどんな顔の形でも、入れるべき!シェーディング箇所をお伝えしていきます。

 

耳にかけての頬の1/3位から、顎と首の境界線。

また、おでこの広さが気になる方は、髪の毛の生え際からおでこの1/3位にも入れましょう。

 

私は面長で頬の奥行きがとても気になるので、頬の1/2位までスティックペンを使って、がっつり不要部分を削ぎ落とします。

 

そうすることで、

シェーディングを入れた箇所に影が出来、入れていない部分に比べて暗く映るため、顔全体に立体感がでることで小顔に映るのです。

 

 

 

小顔が羨ましい。から小顔になるメイクへ【まとめ】

ブログをここまで読み終えた頂いた方の気持ちは、すでに(小顔が)羨ましい。から、

『小顔になる!』と気持ちは意気込み、小顔になるためのシェーディングの模索をし始める段階にいるのではないでしょうか?

 

序章でもお伝えしましたが、

顔の輪郭の大きさは頭の大きさに比例してくるものなので、自力ではどうにもならず・半分諦めが入ってしまうことも多いですが、

メイク法であれば、努力とテクニックで小顔に近づきます。

 

それがたとえ、メイクをしている最中だけの見え方だったとしても、それで十分ではないでしょうか。

 

メイクで化けるのが女。ですから、

(メイクで)色々な表情・見え方の自分を再現することを逆手にとって、楽しみましょう。

 

sahfamily
bambinimaman@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です