卒業式 卒園式 入学式 コサージュ 選び方 華やか 色 形 素材 オススメは?

引用:https://www.instagram.com/

 

3月に入り、卒園・卒業式、入学式のシーズンが近づいてきましたよね。

 

つい、主役である子供のセレモニー服に気を取られがちですが、式に出席する両親(特にママ)の服装も、きっちり事前準備が必要ですよね。

 

我が家も、息子が保育園の卒園式→小学校入学式を控えた昨年、バタバタと子供のセレモニー服は準備したものの…

肝心の自分の服装が、式3日前に揃え終えるなど…つい後回しになりがちなセレモニー準備となりました。

 

今日は、そんな卒園式・入学式で着るママのセレモニー服に欠かせない、”コサージュ”の選び方のポイントについてお伝えしていきます。

 

胸元に一つあるだけで、ポイントと華やかさが加わる”コサージュ”ですが、

素材や色など…一つ間違うと、安っぽく見えてしまったり、一昔前のアレンジになってしまったりと、華やかでオシャレ。という雰囲気と常に表裏一体。

 

そんなデンジャラスゾーンに陥るのを回避すべき、コサージュの選び方とオススメポイントを解説していきます!

 

 

卒業・入学式 コサージュ、選び方のポイントは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

akko(@caprice_flower)がシェアした投稿

 

卒業・卒園式や入学式、ママのセレモニー服を華やかに彩るのが胸元の ”コサージュ”

 

※私はブローチ派!という方は、別記事にてブローチのオススメもご紹介しています!是非こちらも、御覧ください。

→→卒業式 入学式にはパールブローチ!セレモニー服におしゃれと上品さをプラス。

 

 

セレモニー服にはもう定番のアイテム化になっているコサージュですが、選び方を間違ってしまうと、一昔前の90年代ファッションになってしまったり、反ってチープに見えてしまったり…と、

選び方に注意してほしい点があります。

 

 

 

卒業・入学式のコサージュ・ポイント/色

卒業・卒園→入学はセットでつきものですから、セレモニースーツは同じもの、コサージュやバッグなどの…”小物”で、卒業式と入学式の”変化”をつける。というママも多いのではないか?と思います。

 

コサージュ自体、そんなに(値段が)高いものではありませんから

雰囲気を変える。という意味では、オススメアイテム。

 

旅立ちがテーマの卒業・卒園式では、ブルーなど寒色系メインにしっとりと

そして、晴れやかなスタートラインの入学式には、鮮やかなピンクや白といった色がオススメです!

 

ですが、合わせるセレモニー服とのバランスもありますので、着用予定のお洋服に合う。ことが優先にはなりますが、

参考までに覚えておかれると良いと思います。

 

 

 

卒業・卒園式/コサージュ・オススメ色

 

この投稿をInstagramで見る

 

フルールチェリー(@fleurcherry_flowerschool)がシェアした投稿

 

卒業・卒園式にオススメなのが、ブルー系の寒色系のコサージュ。

 

寒色系のお色は、一見

■肌寒かったり

■寂しい感じ

に見えがちですが、素材やデザインが華やかなものを選んでいただければ、そのイメージは払拭出来ます。

 

具体的には、このようなコサージュです。

 

 

ネイビー系

セレモニー服に一番合わせやすいお色のネイビー。

 

寒色系のお色なので、卒園・卒業式に着用率が多いネイビーや黒…のジャケットと合わせると、暗い印象になるのでは?と心配される方も多いですが、

装飾に華やかなパールやビジューが添えられているものを選んだり、オーガンジーのような柔らかい素材のコサージュを選んでいただくと、落ち着いた色ながら “華やかさ” が増します。

 

また、

オーガンジーやチュール系のふわっとした素材のコサージュは、一回り大きなサイズを選ぶとより豪華な印象をプラスしてくれますので、サイズ感も選ぶ際の重要ポイントです。

 

 

 

くすみブルー・グレー系

今年流行りのくすみ系のコサージュ。

ベースの色が淡く薄いので、卒業・卒園式に着用することが多いネイビーや黒ベースのジャケットにもすごく相性が良い色のコサージュになります。

 

 

 

顔周りに優しい印象を与える ”くすみ” 系の独特な色味は、オーガンジー素材のふわっとした軽い素材感のコサージュを選ぶことで、更にその印象が引き立ちます。

 

優しい雰囲気を持ち合わせる・可愛い系のママにぴったりの色味です。

 

 

 

入園・入学式/コサージュ・オススメ色

 

この投稿をInstagramで見る

 

frowerfactory raffia(@flower_factory_raffia)がシェアした投稿

 

卒園・卒業式と相対して、

入学式にオススメのコサージュ色は、白やピンク…といった、華やかさ明るさメインの色にを首元に添えることで、出発にふさわしい華やかな印象になりますし、

 

卒園・卒業式と着用するセレモニー服を変えなくても、コサージュや服飾小物に変化をつけるだけで

印象は激変します。

 

 

ピンク&ベージュ系

こちらの色のコサージュも、素材や大きさによって様々なデザインがあり、印象もそれぞれ異なります。

 

また、すぐ下の1番目にご紹介している画像のコサージュは、あまり凹凸の無いデザイン

比べて、2番目のコサージュはかなり立体的に作られているコサージュになります。

 

大きければ大きいほど&立体的になればなるほど、 コサージュに “華やかさ” が出ますが、

”そこまでの主張を求めない…” 方は、立体的なデザインではなく・小ぶりな主張しすぎないタイプのコサージュがオススメです。

 

 

 

白・アイボリー系

入学・入園式には、定番のアイボリー・白系のコサージュです。

春先にふさわしい色味で、コサージュ定番のカラーではないでしょうか。

 

アイボリー系の色味もオーガンジーやチュール系の素材になると、豪華な印象になりますが、

少し素材をハードな生地感にすると、その印象も様変わりします。

 

素材が硬いハード系のコサージュは、例えば

パンツスーツを着る予定で “小物もかっこいい印象に統一” したい方や、スカート合わせでも

”小物で引き締めたい” といったときに、オススメの素材感になります。

 

 

 

 

 

卒業・入学式のコサージュ・ポイント/素材

 

この投稿をInstagramで見る

 

lilas(@lilasfleur)がシェアした投稿

 

色の次は、素材。

 

一昔前までは、オーガンジー素材や造花タイプのものが主流だったコサージュですが、

最近は、ツイード素材や生花のコサージュまで…その素材は多種多様になっています。

 

そんな幅広いコサージュ素材の中から、今季オススメの素材をお伝えしていきます!

 

 

ツイード

異素材の定番と言えば、ツイード。

ソフトな感触のものから、ハードな感触のものまで様々なバリエーションが展開されています。

 

”ツイード素材はレベルが高い” って敬遠しがちな方は、ツイード素材と異素材の組み合わせのコサージュデザインもありますので、そのようなデザインを選ばれると良いと思います。

 

 

 

 

造花

これまで造花タイプのコサージュと言えば、なんだかチープなデザインのものが多かった印象ですが、

最近の造花タイプのコサージュは、そのクオリティーがぐっと上がっています。

 

コサージュの用途の他、髪にヘアアクセとしてつけることも出来るデザインも。

 

 

 

 

 

サテン系素材

サテンやシルクっぽい艶と光沢がある素材を使ったコサージュは、リッチで上品な感じの印象に仕上がります。

 

また、色がネイビーや黒といったダーク系のものでも、艶が加わることによって印象が華やかに見えます。

 

 

 

 

ハード系素材

レザーやビーズなど…少し硬い印象のコサージュもオススメです。

”人のかぶらないものを探している…” という、個性派ママにオススメのデザインです。

 

 

 

 

卒業・入学式 コサージュ・選び方のポイント【まとめ】

ここまで、卒業・卒園式、入学式にオススメのコサージュについて、色や素材毎にまとめてきました。

結論、どの色・どの素材感のコサージュを選べば良いのか?

 

もちろん、着用するセレモニー服に準じて選んで頂ければ…と思いますが、卒業式と入学式というセレモニーの内容や意味を踏まえるとするならば、

 

■卒業・卒園式→(コサージュの大きさは)やや小さめで控えめな印象にまとめる

■入学式→(コサージュの大きさは)大ぶりで華やかな印象でまとめる

という大枠が、コサージュを選ぶ際のポイントです。

 

 

一方で、2021コサージュのトレンドは、

抑えめ・控えめカラー&異素材の組み合わせで、目新しさが出ているデザインが多く見受けられます。

 

コサージュデザインも、これまでに無いような斬新なデザインのアイテムが沢山展開され

色自体もそこまで派手さは無いですが、シックで上品なデザインの展開が多く目立っています。

 

 

コサージュ、必要だけど…まだ買い足していない!という方は、セレモニーシーズン突入前の今の時期から検討を始めてみてはいかがでしょうか?

 

sahfamily
bambinimaman@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です