発汗 入浴剤 1回 1,000円 コスパ最悪 家族には絶対入らせたくない 贅沢 1人風呂

 

 

子供の手が少し離れ、アラフォーも間近な年齢になると、

『そろそろ自分磨きに精を出そうではないか。。。』と思う今日この頃。

 

流行りの美容アイテムや化粧品…色々と手を出した中に、1回の使用で単価1,000円もするバスソルトにたどり着き、それを使って入る “贅沢一人風呂” が最近の私の息抜き。

 

『もちろん、そんな高価なバスソルト家族に使わせるワケがない(笑)』

 

そんな密かなお楽しみ・お風呂のお供を今日は皆さんにシェアしたいと思います!

お家時間が増えた今、1人でリラックスして楽しむ&贅沢お風呂時間も良いのではないでしょうか?

 

 

 

【発汗入浴剤バスソルト】家族には絶対入らせたくない贅沢1人風呂

 

この投稿をInstagramで見る

 

BARAKA(@baraka_style)がシェアした投稿

 

子供がまだ小さいと、子供に四六時中・付きっきり。

お風呂も子供と一緒…は当たり前、 “お風呂も一人でゆっくり入れない” というママも多いのではないでしょうか?

 

私もその一人でした。

 

子供もやっと小学生になり、少しずつ自分時間が取れるようになってきた今、

そんな時間を過ごしてきたからこそ分かる、一人でゆっくり入るお風呂タイムがとても貴重で・自分に集中が出来る唯一の時間。

 

そんな貴重な一人時間をより効率的なものにしたいと思っていた矢先、出会ってしまったのが

BARAKAのデッドシーソルト。

 

たまたま見ていた、スタイリスト・大草直子さんとBARAKA・ステラ薫子さんが一緒に行っていたインスタライブを拝見して知ることになるのですが、そのインスタライブに釘付け。

 

今の自分の置かれている状況が、これを欲する状況だったのか?

なんだか自分が導かれるように型にハマってしまい、即購入。

 

もちろんすごく高価なものなので、毎日は使えませんし、贅沢をして入浴できる日は限られているのですが、こんな贅沢もありかな?と新しい感覚が芽生えたバスソルトです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

AMARC(@amarc_official)がシェアした投稿

 

こちらが、実際のインスタライブのIGTV。

BARAKAのステラ薫子さんが、デッドシーソルトの効能や成分・ブランドのコンセプトなどを語っていますので、興味を持たれた方は是非御覧くださいね。

 

詳細については、下記でも纏めています。

 

 

 

【発汗入浴剤】デッドシーソルト 1回1,000円はコスパ最悪

 

この投稿をInstagramで見る

 

BARAKA(@baraka_style)がシェアした投稿

 

ここまでお読みに下さった皆さんが1番に気になることは、バスソルトのお値段だと思います。

 

普段、ドラッグストアで売っているような入浴剤でお風呂を済ましている私にとって、このBARAKAのデッドシーソルトを買うにはなかなか勇気が必要でした(笑)

 

BARAKAのデッドシーソルト・500gで4,200円(税別)

 

1回の入浴で100g、全部で5回分しかありません。

1回の入浴で、約1000円換算です。

 

いつもドラッグストアで購入しているバブが何個買えるでしょう(笑)

 

そんなことも考えたりもしましたが、考えたらきりがないですし、これは自分時間への投資。

そこから体感できるものを贅沢に五感で感じるためのお金の使い方です。

 

 

 

BARAKA ジョルダニアンデッドシーソルト【主成分と効能】

そんな高級バスソルトの気になる主成分は、海塩を使ったミネラル分。

 

そして、イスラエルとヨルダンにまたがっている死海のヨルダン側からのみ採掘したミネラル成分だけを抽出して、バスソルトにしている。というBARAKAブランドの徹底ぶり。

 

庶民の私は(残念ながら…)1週間に1度の使用頻度ですが、実際に毎日このデッドシーソルトを使用して入浴しているという大草直子さんは

■1年半毎日使用で、平均体温が35.7度から36.6度まで上がった。

■免疫力が上がる。

…と、デッドシーソルトの効能を高く評価しています。

 

 

死海は一般的な海水よりも、ミネラル分が豊富に含まれていると言われていますが、その理由が

■(死海は)地上よりも400M下にある。

■地上よりも低い所にあることで、そこで地球上のエネルギーが集中するとともに、湖の塩分濃度が高くなる。

ことが、理由として挙げられています。

 

そのため、

コスメや美容系のアイテムで、死海の成分から原料を抽出しているものはとても多いですよね。

 

 

【死海の主なミネラル成分と、一般的な海水との比較パーセンテージ】


◆マグネシウム(死海:40.65% 一般の海水:1.2%)

◆カルシウム(死海:16.85% 一般の海水:0.41%)

◆ナトリウム(死海:39.15% 一般の海水:11%)

◆カリウム(死海:7.26% 一般の海水:0.39%)


 

そんなミネラル成分豊富な原材料を主にした、BARAKAのデッドシーソルト。

効能がないわけがありません!

 

 

湯船に入れたバスソルトは、

マグネシウム成分で→エネルギーの代謝を高めてくれ、とにかく”発汗”、そして筋肉を緩めてくれます。

カルシウム成分で→神経がリラックスしてきて、ウトウト眠くなることも。

ナトリウム成分で→肌の汚れや角質がとれ、時々肌の老廃物が湯船に浮く時も。

カリウム成分で→お風呂上がりにも発汗、そして蒸発・浄化。

へと繋がり、デッドシーソルトをいれた入浴で、良い体の循環・巡りになります。

 

 

BARAKAのバスソルトが、イスラエルとヨルダンにまたがっている死海のヨルダン側からのみしか発掘しない理由も、ヨルダン側には、温泉の源泉がとても豊富。という理由から。

 

イスラエル側で採掘した死海成分とは異なる、上質な成分のみを抽出したデッドシーソルト。

BARAKAブランドの強いプライドが伺えます。

 

 

 

とにかく発汗!ジョルダニアンデッドシーソルト【実際の感想】

ここからは、ジョルダニアンデッドシーソルトを実際に体感してみての私の感想をレビューを交えてお伝えしていきます!

 

バスソルト粒

発汗 入浴剤 1回 1,000円 コスパ最悪 家族には絶対入らせたくない 贅沢 1人風呂

 

蓋を開けてみてまず感じたことは、デッドシーソルトの粒が “非常に大きい粒子” だということ。

 

他メーカーのバスソルトって粒が割と均一で、米粒より少し小さい大きさ。が一般的だと思うのですが、

このBARAKAのジョルダニアンデッドシーソルトのソルトは、いい意味で “不揃い”

 

小さな粒は米粒位の大きさから、大きなものになると納豆位の大きさのものまで…不揃な粒がゴロゴロとした感触で入っています。

 

 

匂い

匂いは無臭です。香りがついているバスソルトも多いですが、ジョルダニアンデッドシーソルトは無臭。

死海と聞くと『塩の匂いがキツいのかな?』というイメージを持たれる方も多いかと思いますが、湯船に溶かしても、匂いは特別感じられません。

 

 

溶ける速さ

湯船に入れて “すぐに溶けるか?” と言われれば、そうでもありません。

粒の大きさに寄りますが、大きなものはやはり溶けるまでに時間がかかります。

 

ですが、5分もすればすべて溶けてしまいますので

バスソルトを入れて10~15分の入浴を2回繰り返すことを推奨している入浴下では、問題ありません。

 

 

入浴の感想

発汗 入浴剤 1回 1,000円 コスパ最悪 家族には絶対入らせたくない 贅沢 1人風呂

 

デッドシーソルトを入れた湯船は、見た目も変わりませんし、目に見える変化がなかなか体感できないのですが、

”発汗がとにかく凄い” です。

 

ですが、暑くてかいてしまった真夏の汗。とは違い、体内からジワジワ滲み出る軽やかな感触がある汗。と言った感じです。

 

言葉で表現するのが非常に難しいのですが、

汗をかいても嫌な感じがしない汗。といった感じです。

 

入浴後

高い温度設定で入る銭湯や温泉は、入浴後もなかなか汗がひかないことが多いですが、

推奨温度38度~40度前後のぬるめのお湯で入るデッドシーの入浴法の後は、発汗はありますが後をひくような発汗はありません。

 

そして、入浴後も比較的長い間、体のポカポカが続きます。

 

私は、夕食前にお風呂に入ることが多いのですが、睡眠4時間前の入浴でも

いつもは冷えきってしまう手先や足先もポカポカの状態&体温温存が、ベッドに入るまで続いていました。

 

 

発汗入浴剤・ジョルダニアンデッドシーソルトはどこで買える?

ジョルダニアンデッドシーソルトは、 BARAKAの公式サイト や楽天市場などでの各ECサイト、コスメキッチンなどの大手コスメサイトでも購入することができますが、

実際にジョルダニアンデッドシーソルト含め、BARAKAの上質なアイテムを手に取って見てみたい!という方は、コスメキッチンの店舗がオススメです。

 

コスメキッチンの店舗がある、ルミネや各ショッピングモールで実際に手にとってご覧いただけますよ。

 

 

家族には絶対入らせたくない贅沢1人風呂/ジョルダニアンデッドシーソルト【まとめ】

ジョルダニアンデッドシーソルトの魅力、いかがだったでしょうか?

 

このお値段と効能…一人風呂で贅沢に使いたい。と思われた方も多かったのではないかと思います。

 

これまでは、少しお値段のはる化粧品や服飾品、食べ物…などにお金を投資することで、

”あぁ使ったなぁ…” という感覚がありましたが、服飾品とは違って(入浴剤は)モノとしては残りません。

 

化粧品や食べ物も同様に、モノとしては残りませんが

使った感触や、美味しいという五感を動かされる感動は味わえます。

 

その点、入浴剤への投資はすぐに味わえる感動や目に見える変化もありませんし、もちろんモノとしても残りませんので、投資の価値が見えにくい部分ではあります。

 

ですが、私のように

一人贅沢時間のお供としてそこに価値を見いだせるのであれば、一人自己満の世界でも別に良いと思います。

 

そして、まだ目に見えない “変化” を楽しみながら継続する楽しみを得ることも、このデッドシーソルトの魅力ではないでしょうか?

 

デッドシーソルトを入れて入る1人風呂、家族には絶対に入らせたくない贅沢風呂にオススメです!

 

 

sahfamily
bambinimaman@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です