新入社員 女性 服装 絶対的NG コーデ集 マナー違反 周囲の目 まとめ

引用:https://www.instagram.com/

 

新入社員の皆さん、ご入社おめでとうございます。

入社式を終えてから、数日経ちますが、会社という新しい環境には慣れましたでしょうか?

 

そんな1年目のフレッシャーズの皆さんに、今日お伝えしていきたいことは

社会人としての第一印象がこれで即決してしまう…と言っても過言では無い位、重要なポストを占めている”服装”について。

 

これまでの学生生活とは異なり、自分の好きな服をそのまま自由に着ても良い。という訳にはいけません。

 

これまで以上に、他者の目を気にするようになる”社会人の服装”ですが、

ここでは『この服装は絶対避けて!』という、新入社員の服装として絶対的NGなコーデや、マナー違反になりそうな服装をあえてピックアップしていきます。

 

 

■このブログを読むと解決できること■


●新入社員がやってはいけないコーディネートが写真付で理解できる

●このアイテムは大丈夫?の不安・疑問が解決できる

●新入社員の服装に関する、周りの目・反応が読める



 

新入社員の服装、絶対的NGコーデ集

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジルバイジルスチュアート(@jillbyjillstuart_official)がシェアした投稿

 

では具体的にはどのようなコーデやアイテムが、社会人の服装・とりわけ入社1年目の新入社員にとって、NGになるのでしょうか。

こちらのトピックでは、目で見てわかりやすいように、写真にて具体例を上げて紹介していきます。

 

ですが、

こちらのトピックでご紹介するのは、あくまでも一般企業で『NG』が出そうなコーデ&アイテム。

私服推奨や比較的自由な社風の会社…などでは、もちろんOKの場合もありますので、参考までに御覧ください。

 

インナーが余りにも透けるトップス

新入社員 女性 服装 絶対的NG コーデ集 マナー違反 周囲の目 まとめ

引用:https://www.instagram.com/

 

透け感のあるトップスは、春夏の時期『つい手が出そうに』なってしまいますが、あまりにもインナーが丸見えな透け感のあるトップスはNG。

 

フーディー

 

カジュアル度が高いフーディーも、この春はトレンドのアイテムでしたよね。

合わせるアイテムによって大人っぽく着用もできますが、オフィス仕様のスタイルには向きません。

 

スウェットトップス

 

フーディー同様、フードの無いスウェット素材のトップスもこの春のトレンド。

フーディーよりも落ち着いた印象にはなりますが、カジュアルな感じとスポーティーな印象が抜けない為、控えたいアイテムです。

 

オールインワン

 

所謂『つなぎ』と言われる、オールインワン。

デザイン上、カジュアルな印象が強かったり&幼く見えてしまう所が難点。

学生の印象が抜けないコーディネートになってしまうので、もう少し大人っぽいコーディネートがオススメです。

 

レースパンツ

 

レースやニット編みのパンツ(同素材のスカートもそうですが)

キレイ目にコーディネートしても、リゾートな感じが抜けなかったり、(肌の露出で)少しイヤラシさが残るコーディネートになるので、通勤服としては避けましょう。

 

オフショルダートップス

 

『肌の露出』が多いと、どうしてもイヤラシさ。が残る印象となってしまい、

仕事服としては不向きです。

好きなのは全然構いませんが、(オフィス着としては避け)是非休日に、思う存分着るようにしましょう。

 

スリット深めタイトスカート

 

『肌の露出』はボトムスであっても同様です。

スリットが深めのスカートは、セクシーな感じをより助長させます。

 

スリット深さにもよりますが、あまりにも過激に&深いスリットは避けるようにしましょう。

 

目立つ原色アイテム

 

派手でぱきっとした原色カラーのアイテムも、派手な印象付を助長してしまうので、

入社1年目の時期は、ベーシックなカラーだったり、淡い色を中心に、清潔感と落ち着きを与えるような色をベースに選んでいかれることをオススメします。

(派手な色は、今後幾らでも着る機会がありますので…)

 

派手・大柄アイテム

 

派手色&原色カラーと同様に、派手な大柄デザインの洋服もまた、相手に

『強烈なインパクト』を与えます。

 

週に1回、アクセント的に取り入れる位なら良いかと思いますが、毎日の頻度で上下共に…というかなりの頻度ペースの着用は、避けたほうが良いでしょう。

 

ロング・マキシ丈スカート

 

スカートを選ぶ場合は、膝丈/膝下丈のどちらかにしましょう。

ロングスカートの場合は、足が全部隠れて上品さが増すように見えますが、オフィススタイルには向きません。

 

是非、周りの女性先輩方の服装をじっくり観察して見てください。

 

バックシャントップス

 

バックシャンに派手にアクセントがついていたり、深めに開いているトップスもこの春夏のトレンドですよね。

 

学生の頃に”着ていた…”という人も多いかもしれませんが、肌の露出/(リボンなどの)過激な装飾、はオフィス仕様には向きません。

また女性の先輩方から目を付けられる含み。も沢山詰まっているデザインです…

 

リゾート感満載のロングワンピース

 

リゾート地の海外へ持参するような、リゾートデザインのロングワンピースもオフィス仕様には向きません。

是非、OFFの日にプライベートで沢山着てください。

 

リゾートなデザインの他も、ロングワンピースデザイン全体的にNGです。

 

ミニスカート

 

膝上10㎝もあるミニスカートは、誰がどう見てもNGです。

 

積極的に着て出社する新入社員はいないと思いますが…

”このスカート膝上だけど、ミニスカートに当たるの?”と疑問に思うこともありますよね。

 

これは難しい問題で、人によっても”価値観”が違うため

『(自分では)大丈夫』と判断しても、見る人によっては『短い!下品』と思われてしまうこともあるので、

膝上のスカートを履くか?迷った時は、『(履くのを)止めておく』ということも、ポイントなのかもしれません。

 

もんぺ風パンツ

 

これから夏に向けて季節が進むと、麻混でサラッとしたパンツが沢山展開されますが、リラックス感漂うデザインが多く、部屋着に見えてしまうものも多いので

オフィス着には向きません。

 

9分丈以外の半端丈パンツ

 

ショートパンツ

 

スカート同様、パンツでも『露出度が高い』ものは控えてください。

ハーフパンツや半端丈パンツは、カジュアル度が高くなってしまい、仕事着では無くなってしまいます。

 

ノースリーブトップス

 

こちらのコーディネート、ぱっと見

キレイにコーディネートされていて、オフィス着に向きのコーデに見えますが

これから夏に向けて着用率が多くなる、ノースリーブは肌の露出が多くなるためNG規定の会社も多いです。

 

ジャケットの下に着るインナーとして着るのであれば、目をつむる範囲ですが

1枚でコーディネートのメインにするのはNGです。

 

学生気分が抜けずに ”ついやってしまいがちなコーディネート”ですが、注意してくださいね。

 

 

 

また、デニムやTシャツも”これは通勤服として着ていっていいの?”と、みなさんが疑問に思うアイテムです。

 

上記2つのアイテムに関しては、別記事で詳しくご紹介していますので

是非こちらも御覧ください。

→→→デニムやTシャツはオフィスカジュアル向き?OKの境界線とキレイめ通勤コーデ例

 

 

 

NGコーデをしてしまった場合の周囲の目

新入社員 女性 服装 絶対的NG コーデ集 マナー違反 周囲の目 まとめ

 

通勤服にNGと言われる色々なコーデやアイテムを具体的にピックアップしてきましたが、

これを知らずもしも、キチガイな通勤服をしていってしまった場合の周りの目(上司や先輩方の目)は一体どのようなものなのでしょうか。

 

 

 

社会の先輩方から…様々な意見が上がっています。

 

上記のトピックでピックアップした服装はもちろん論外ですが、

最初は(服装を)遠慮がちにしめて…周りの状況を見ながら、(服装を段々緩める)判断するのが適切なようですね。

 

新入社員の皆さん、(入社したて)初心の段階は、是非服装に気をつけて行きましょう。

 

 

 

新入社員・マナー違反な服装【まとめ】

新入社員 女性 服装 絶対的NG コーデ集 マナー違反 周囲の目 まとめ

 

では最後に、

新入社員として、マナー違反だと思われる服装のポイントを纏めていきます。

 

色々と具体的な例を上げてご紹介してきましたが、以下の4項目を避けて頂ければ、オフィスカジュアルな服装に近づくと思います。

 


●露出度が高めの服装(出して良いのは、半袖を着た時の腕だけ)

●服飾が派手なデザインの服(可愛いが強調されるリボンやビジューデザインは控えめに)

●見ているのが辛い…原色&派手な服

●これから海外旅行?リモートワーク?と思われるような、リゾート感溢れる格好や部屋着感を助長させる服装


 

”この洋服はどうなんだろうか?”と疑問に思った時には、

是非上記の項目をチェックポイントにして、判断して見てくださいね。

 

sahfamily
bambinimaman@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です