着痩せ ワンピース 春 コーデ 痩せ見え テクニック  体型 フルカバー!

 

季節も段々と暖かくなってきて、春夏ファッションに心躍る季節になってきました。

 

その反面、(季節柄)露出の機会も多くなることで

秋冬の間に溜め込んだ”脂肪”をどうにかして上手くカバーして見せることはできないか?という、着痩せ願望の欲も出てきますよね。

ファッションアイテムの中でも一番『着痩せ効果が高い』と言われているワンピースですが、

その中でも究極の『着痩せ効果』が期待できるワンピースをご紹介していきます。

 

こちらの記事は、こんな方にオススメ!


■とにかく着痩せして見えるコーデを知りたい!って方

■着痩せ効果が高いワンピースってどのデザイン?選びきれない方

■ワンピースって元から体型を拾わないデザインなんだから、どれを選んでも同じでしょ!って思う方


 

”最近、痩せた?”と、他人の目を惑わす細見えテクニックと

”自分の目”で着痩せするワンピースを選ぶポイントテクを、是非とも(このブログ内容から)盗んでいってくださいね!

 

 

着痩せワンピースで痩せた?と聞かれる細見えワンピースのポイント。

着痩せ ワンピース 春 コーデ 痩せ見え テクニック  体型 フルカバー!

 

部分的ではなく、体全体的にお肉がついている場合

てっとり早く体型カバーができるファッションアイテムが、ワンピース。

 

なぜワンピースがてっとり早く体型カバーができるファッションアイテムなのか?というと、

 

1枚でしかり、体型カバーできる面積が多く&上半身と下半身がつながっているデザインが体型のラインを拾わない。

という、ワンピースデザインの利点が大きいかなと思います。

 

なので、

体型カバーファッションアイテム=ワンピース。というイメージが強いですが、

ワンピースの全部が全部 ”着痩せ効果抜群のファッションアイテムなのか?”と問われれば、残念ながら”そうではありません”

 

ワンピースの中でも、デザインによっては

■着痩せ効果が低いデザインのもの

■かえって太って見えてしまうもの

多々あります。

 

そんなワンピースデザインは決して選んで欲しくない。。。

 

こちらでは、着たら着痩せしたようにしか見えない!ワンピースを具体的なイメージを載せながら、ご紹介していきます!

 

以下、ご紹介するワンピースデザインとポイントを是非押さえてくださいね。

 

 

 

痩せた?と聞かれる着痩せワンピース・体型を拾わないデザインワンピ

着痩せ ワンピース 春 コーデ 痩せ見え テクニック  体型 フルカバー!

 

着痩せ・体型カバーが一番高いデザインが、体型を拾わないゆったりデザインのワンピース。

 

ある程度、身幅や腰回り・下半身に余裕とゆとりがあるデザインなので、

かえって太って見えるのでは?と懸念が残りそうですが…

 

最近のワンピースは、ゆとりがあるように見えて、細部にまで着痩せが叶うデザインシルエットがたっぷり施されています。

 

 

シャツワンピース

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pierrot[ピエロ](@pierrot_shop)がシェアした投稿

 

春は気温差が激しい季節でもあります。

そんな季節には、気温の調節を簡単に”脱いだり・重ねたり…”で出来る、シャツワンピースが便利です。

 

シャツワンピースの上に、カーディガンや羽織ものをプラスして、

(脱げば)1枚でもコーデルックが完成する、シャツワンピース。

 

また、コットン素材に”ハリ感”があるので、スカートの裾に向かってAラインに広がるデザインのシャツワンピースだと、気になる下半身も重点的にカバー出来ます。

 

 

トップスのシャツをそのまま伸ばしたような…ロング丈デザインのシャツワンピースタイプもあります。

 

このシャツワンピの場合は、下ボトムスを履いてコーディネートしてもOK。

着丈が前後でアンバランスな丈や、横にスリットが入っているデザインのシャツワンピースがオススメです!

 

 

ニットワンピース

 

この投稿をInstagramで見る

 

BARNYARDSTORM / バンヤードストーム(@barnyardstorm)がシェアした投稿

 

まだ半袖では肌寒い春先は、ニット地ワンピースもオススメ。

 

体型のラインを拾わないデザインでストレートタイプ。

サイドにスリットが入っているデザインも多く、ボトムスを履いたり、プリーツスカートなどを重ね着して楽しむことが出来ます。

 

ドルマンスリーブワンピース

 

この投稿をInstagramで見る

 

シークレット・トロフィー(@secrettrophy)がシェアした投稿

 

二の腕が特に気になる方には、袖が太めのドルマンスリーブデザインのワンピースがオススメ。

 

 

スウェットワンピース

 

トレーナー地の素材だったりフーディーのデザインタイプがある、スウェット地を基調にしたワンピース。

生地が厚めで体ラインを拾わないのと、寒い春先に重宝するワンピースです。

カジュアル・スポーティーな格好が好きな方にオススメです。

 

 

 

全然着痩せにならないワンピース・NG例

着痩せ ワンピース 春 コーデ 痩せ見え テクニック  体型 フルカバー!

 

上記では、着痩せして見せたい!ワンピースのデザイン例を上げてご紹介してきましたが、

こちらのトピックでは、『そのデザインを選んでも全然着痩せにならないよ!』という、着痩せ目的に選んではならないワンピースを参考までの紹介していきます。

 

 

柔らかい素材のシフォン系ワンピース

 

この投稿をInstagramで見る

 

FRAY I.D(@fray_id)がシェアした投稿

 

少し甘めのガーリーな雰囲気漂う、このようなシフォン系ワンピース。

ふわっとした柔らかい印象にもっていくため、使用生地の大半が薄いです。

 

生地が薄いと、体型をカバーするどころか

そのまま体型を拾ってしまうので、薄い生地のワンピース=体型カバーにはなりません。

 

特にお尻周りや二の腕周りの体型が気になる方は、そのムチッとした印象がワンピースを着ても、そのまま露わになってしまいます。

 

 

レース系透け感ワンピース

 

この投稿をInstagramで見る

 

CLASSY. 、CLASSY.ONLINE公式(@classy_mag_insta)がシェアした投稿

 

レース素材のワンピースも、春ワンピースの定番デザイン。

 

レースワンピースは、レースから透ける肌をポイントに作られたデザインワンピースなので、

このデザインもシフォン系ワンピースと同様に、ワンピース自体に『着痩せ効果』はないものが殆ど。

 

 

リブニット系タイトワンピース

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジルバイジルスチュアート(@jillbyjillstuart_official)がシェアした投稿

 

ニット素材のワンピースも、春先多く見られるアイテムだと思いますが、

着痩せワンピースにはなりません。

 

ニット素材がゆえ、伸縮性があって『伸びて着やすい』のですが、

伸縮性がある前提の作りのため、作りもやや細身に作られていますし、伸びても体にフィットした作りのデザインの為

体のラインが、そのまま出ます。

 

着痩せ目的のワンピースデザインではありませんので、選ぶ時に注意したいデザインです。



着痩せワンピースに更に着痩せをプラスする・細見えテクニック!

着痩せワンピースを更に『細く』見せたいなら、プラスで”細見えテクニック”を取り入れましょう。

 

 

3首を出す

 

まずは、『手首・足首・首』の3首を見せたコーディネートを心がけましょう。

 

着痩せのお決まりのテクニックですが、

体の中で一番細い部分の『手首・足首・首』を見せることで、ほっそりとすっきりしたスタイリングに見せることが出来ます。

 

 

フラットシューズよりもヒール

 

フラットなシューズよりは、ヒールのある靴のほうが足が長く見え、スタイルアップが叶います!

足首を見せたスタイリングでヒールを履くを、キレイな着痩せコーデが完成します!

 

 

ウエスト絞り

 

特にスカートにボリュームがありフレアなスカートの場合、そのGAPを上手にテクニックとして使い、ウエストをキュっと絞り、ウエストマークになるアクセントをすると、

スカートのボリュームとウエストの細さのGAPが、着痩せテクニックになります。

 

特に、スカートがボリュームのあるデザインの場合にオススメの方法です。

 



 

ここまで、着痩せが叶うワンピースのデザインと

更に『細見え』にするためのテクニックを合わせてご紹介してきました。

 

ワンピースを選ぶ基準もしかり、細見えにする為のテクニックも

『知っているか、知らないか』の差。でしかありません。

 

是非とも、ワンピースのデザインは”着痩せデザイン”を!

そして細見えテクニックを加えて、更なる『着痩せ』の相乗効果を生むコーディネートでこの春の服装を楽しみましょう。

sahfamily
bambinimaman@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です