ぽっこりお腹 体型カバー 出てるお腹 ペタンコに見せる 冬コーデ。

 

年齢とともに、落ちにくくなるお腹周りの”贅肉”

贅肉はあっという間につくのに、なかなか落とすのは厄介なお腹回りの部位。

 

なので、

去年閉まっていたウエストのボタンも、”今年は閉まらない…”ということも良くあるパターンですよね。

 

そして、贅肉が付くと洋服の上からぽっこり目立ってしまうのも、厄介な点。

 

ウエストのボタンやホックがなんとか閉まっても、下腹部のお肉がぽっこり。身を乗り出してこんにちは、しているのが痛いですよね…

今日は、そんな厄介なお腹周りの贅肉に、アイテム選びやコーディネートでアタック!

 

(たとえ、たっぷり贅肉がついていたとしても…贅肉を)悪目立ちしない、させないコーデのポイントとアイテム選びをご紹介して行きたいと思います!

 

 

ぽっこりお腹を体型カバー・出てるお腹をペタンコに見せるアイテム、スカート

まずは、ぽっこりお腹の体型カバーをするアイテム、スカート編から。

 

お腹回りを締め付けたり、体型にフィットしすぎるデザインのスカートだとそのまま体型をあらわにしてしまうので、

”腰回りはゆったり&裾にかけて広がるようなAラインシルエットのスカート”が、ぽっこりお腹をカバーするアイテムとしては、鉄板です。

 

そしてウエストも、ホックで留めるタイプではなく

”ゴム”で伸縮性のあるウエスト回りの方が、お腹回りもゆったり着れます。

具体的なアイテムは、下記のようなデザインのものです。↓

 

ROPÉ PICNIC(ロペピクニック) スノーフラワープリーツスカート

 

ROPÉ PICNIC(ロペピクニック) 【WEB限定】ツイードフロント釦スカート

 

ViS(ビス) 【WEB限定】ジャガードプリーツスカート

 

A E R ADAM ET ROPÉ ワッシャープリーツスカート

 

スカートは、柄モノのデザインの方が(お腹ぽっこりを)”ごまかす”ことが出来ます。

なので、無地<柄が断然オススメ。

 

また、お腹回りにプリーツ加工やタック、ボタンなど…デザインが強調されているスカートもまた、デザインでお腹周りがカバーされるので◎。

 

逆に、ウエストが強調されるような”ウエストマーク”のデザインのスカートは、ウエストがギュッとと締められた反動で、下腹部ぽっこりが余計目立ってしまうので、避けてくださいね。

 

お腹ポッコリ体型をカバーするスカート編、まとめると

■(体型にフイットしすぎず)お腹回りに余裕があるデザインを選ぶべし

■ウエストはできるだけ、ゴムタイプのものを選ぶべし

■無地よりも柄物スカートを選ぶべし

■プリーツ加工や柄、タック…など、ぽっこりお腹を目立たせないデザイン加工のスカートを選ぶべし

 

 

 

ぽっこりお腹を体型カバー・出てるお腹をペタンコに見せるアイテム、パンツ

続いては、パンツ編です。

 

パンツは、お腹周りにタックが入っているパンツだと、ぽっこりお腹がカバーできそうな感じがしますが、

タックによって逆にお腹周りに余分なスペースが作られることで、かえって逆効果。

ぽっこりお腹が目立ってしまいます。

 

 

↑特に、こんな感じの柔らかいレーヨンやポリエステルの素材のタック入りパンツは、余計にお腹がぽっこり。

なのでパンツを履く場合は、思いっきり”リラックス”感のあるパンツを選んでもらった方が、ウエストの閉めによる差がなくなるので、オススメです。

 

ROPÉ PICNIC(ロペピクニック) ベロアタッチイージーワイドパンツ

 

A E R ADAM ET ROPÉ(AER アダム エ ロペ) 【WEB限定】サテンスリムジョガーパンツ

 

こんな感じのジャージデザインのパンツも、素材が少し光沢のあるサテン素材になるだけで、雰囲気もぐっと上品になるにも関わらず、

ウエストは”ゴム”という、リラックス感漂うパンツ。

 

シャツやヒール靴と合わせてもらうと、全体のコーデの雰囲気もグッとアップグレードします。

 

あまりにもラフ過ぎるデザインだと、どうしても部屋着感覚が抜けませんが

コーディネートの仕方や、合わせるアイテムで、雰囲気はいかようにも変えることができます。

 

まずは、お腹ポッコリを極力目立たせないアイテムを選ぶことからSTARTさせましょう。

 

お腹ポッコリ体型をカバーするパンツ編、まとめると

■だらしない。と思う位のリラックス感漂うパンツ、ウエストはもちろんゴム!

(コーデは合わせるアイテムによって、いかようにもなる)

 

 

 

ぽっこりお腹を体型カバー・出てるお腹をペタンコに見せる冬コーデ。

では、ぽっこりお腹をカバーできるアイテムが分かった所で、コーディネートを組んで行きましょう。

 

ぽっこりお腹をカバーする。のに1番手っ取り早い方法が、ずばり”隠す”

トップスをアウトにして、目立つお腹周りをカバーしてしまえば良いのです。

 

これまでは、トップスをボトムスにインする着方が流行っていましたが、2019年はトップスをアウトにして着る着コーデがトレンドですよね。

しかも、オーバーサイズのアイテムをゆったり着るのが、またおしゃれ。

 

一見アンバランスかな?と感じますが、このシルエットが2019年冬のトレンドです。

 

このトレンドに乗っかってコーディネートすれば、目立つお腹もトレンドの着方でカバーが出来ます!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pierrot[ピエロ](@pierrot_shop)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

FRAMeWORK(@framework.jp)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

FRAMeWORK(@framework.jp)がシェアした投稿

 

やはりこれからの時期・冬コーデのトップスには、ニットがオススメです。

オーバーサイズがトレンドなので、サイズ感もゆったり大きめの展開が多く、お腹回りを締め付けない&いい感じのゆるさが丁度いい感じで出て、ぽっこりお腹をカバーするには、もってこいのアイテム。

 

スカートやパンツの上に、がばっと大きめサイズをゆったり着ましょう。

 

 

また、フード付きパーカー、フーディーもトレンドのコーディネートが出来てオススメ。

ニットより、少しカジュアルな雰囲気になりますね。

 

 

 

ぽっこりお腹を体型カバー・出てるお腹をペタンコに見せるインナー

コーデで隠すのもいいけれど、お腹を出したコーディネートをキレイに着こなしたい!

という方には、やはり見えない所で秘密のパンツを履いちゃいましょう。

 

補正下着の高いホールド力と圧力が、ぽっこりお腹を引き締め無かったことにしてくれます。



ボトムスの下に履くものなので、履いているのが分からない・見えない点が◎

お腹がペタンコにな理想体型が、(補正下着を)履くだけで手に入ります。

 

時間と手間を使って、お腹を引き締めることが難しい…という方は、このようなアイテムに頼るのも手。

素敵な冬コーデ。に近づけるための1つの手段として、ご紹介しておきます。

 

sahfamily
bambinimaman@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です